アロマが香るダイアリー TOP

~キャリアオイルの知識~マカデミアナッツオイル

2014年7月17日 09:20 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

キャリアオイルのご紹介をしていますが、ナッツ類が原材料のオイルは多いですね。
マカデミアナッツオイルも、その1つです。

肌の老化の原因にパルトミン酸の減少があります。
私たちの皮脂に含まれているものですが、年齢とともに少なくなってしまいます。

そこで、パルトミン酸を20%程度含んでいるマカデミアナッツオイルをキャリアオイルに使用するのはアンチエイジングにもオススメなのです。

肌に出るエイジングサインを解消していけますので、このマカデミアナッツオイルに精油を入れて、お肌のトリートメントが出来るのです。

特に乾燥が気になる時期に使うのがベストですね。
オイル系は酸化するのが気になりますが、リノール酸が多くても4%程度しか入っていないマカデミアナッツオイルは安心して使えるのも特徴です。

ナッツの香ばしい香りが多少しますが、ベタつかずに使用出来る便利なオイルですね。

~キャリアオイルの知識~アボカドオイル

2014年7月3日 05:47 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

キャリアオイルのご紹介をしていますが、今回はアボカドオイルです。
アボカドと言うと、食べる美容液として女性には人気が高いですね。

乾燥肌の方にも向いていますので、精油と合わせて美容効果が期待出来ます。
オイル自体にオレイン酸が70%入っていますし、レシチンやビタミンA、ビタミンE、ビタミンBが入っています。

ただし、テクスチャーにとろみが強いので、夏に使うとベタつきがあるかも知れません。
冬の乾燥する時期には最適なキャリアオイルとして使用出来ます。

使いやすくするなら、他のキャリアオイルとブレンドして、10%程度の割合でアボカドオイルが入っていると使いやすいですよ。
浸透力は高いですが、あまり伸びの良さを感じる事はないでしょう。

特徴を把握していると、キャリアオイルをシーズンによって使い分けられますので快適ですよ。

~キャリアオイルの知識~エクストラバージンオイル

2014年6月25日 11:07 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

アロマセラピーでは精油を希釈して肌につけるにはキャリアオイルが必要です。
ここからは、そのキャリアオイルをいくつかご紹介していきましょう。

最も購入しやすいものとしてオリーブオイルがあります。
調理用としても販売されていて、どこでも購入出来るのがメリットです。

オリーブオイルにも種類があり、アロマオイルとして適しているのがエクストラバージンオイルです。
エクストラバージンオイルは酸度8以下と決まっているので品質に安心出来ます。

加熱した工程を経ているものは変質している可能性があるので、コールドプレスしたものにしましょう。
コールドプレスは低温圧搾法で熱変質を起こしていないオイルです。

精製したオイルは参加しにくく刺激が少ないですが、それぞれのオイルにある栄養分は少なめです。
未精製のオイルは十分な栄養がありますが、肌に刺激を感じる可能性がありますよ。

こういった基準で選んでみましょう。

~精油の知識~ブラックペッパー

2014年6月4日 09:05 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

さて、そろそろ精油の知識も一段落しようかというところで、最後にご紹介するのがブラックペッパーです。
これはスパイス系の精油ですよ。

名前の通り料理にも使うブラックペッパーなので、胡椒の刺激を感じる香りです。
昔から医療用途で使用されてきた歴史があり泌尿器系疾患や諸独効果が期待できます。

刺激的な香りではありますが、心を穏やかにする作用を持っています。
ストレスを発散するのにも向いていますので、使いやすいですね。

体に塗ると血管拡張効果が期待できますが、刺激が強すぎる場合があるのでキャリアオイルで薄めにしましょう。
筋肉痛や冷え性改善にも役立ちますよ。

主な産地はインドやシンガポール周辺です。
使用してはいけないコンディションがあって、妊娠している時には使わないで下さい。

どの精油も同じですが、濃度や量は少ないところから始めましょう。

~精油の知識~ローズウッド

2014年5月16日 02:07 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

以前、樹木系のご紹介をしていませんでしたが、このローズウッドは樹木系精油です。
バラが原材料だと思っている方が多いですが全く違うものですね。

甘すぎない香りが落ち着くとして好む方も多いでしょう。
比較的年代の上がる女性には、心地よい香りとオススメの効果があります。

気持ちが不安定なときや、女性特有の症状を緩和してくれますので、便利に使えます。
頭痛のある方で、ストレスが原因だとわかっているのならローズウッドで楽になるでしょう。

実は便秘解消効果もあって、便秘が原因になっているニキビも予防しやすいですね。
催淫効果があるので女性を魅力的な印象にしてくれますよ。

ローズウッドは、あまり注意点がないので使用しやすくなっています。
トップノートでもあり、ミドルノートでもある面白い精油なので香りの持続力はあると思って構いません。

アロマオイルは簡単に使えます

2014年5月1日 07:13 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

少しアロマオイルの使い方をご紹介します。
「初めて見たいけど、色々と道具を買うのが面倒くさくて…お金もかかるし。」

こんな感じでアロマが初められない方は多いですね。
でも、本当に簡単に始めることが出来ます。

まず、お気に入りの香りのアロマ精油を見つけてください。
そしてティッシュを折りたたんで、邪魔にならない大きさにしたら、アロマ精油を2~3滴染み込ませてください。

後は、その香りを嗅ぎながら深呼吸するだけでいいのです。
精油の種類によっては、デスク周りに置いていても揮発して香りは広がります。

アロマディフューザーを使ったり、アロマポットで温めると部屋全体に広がって効果が高そうに思いますよね。

もしも、部屋全体に広がった香りがキツすぎて具合が悪くなったら、換気をするのも大変です。

そこで、ほんの少し香りを楽しみたいと思う時は、ティッシュやメイク用のコットンに染み込ませて手が届く場所に置いておく方が簡単なのです。

~精油の知識~パチュリ

2014年4月16日 08:51 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

パチュリは精油としての効果も高いですし、最近では「メディカルハーブ」とも言われるようになりましたね。

妊娠していても赤ちゃんでも使える精油で、アレルギーにも効果があります。
ほとんどの精油は酸化しやすいので長期間は保管できませんがパチュリは大丈夫です。

リラックスしたいときには少しの量で構いません。
あまり量が多いと刺激を感じますので注意しましょう。

吐き気を抑える効果の他に、抗酸化作用、抗ウィルス作用、殺菌効果、解熱効果やデオドラントにも最適です。

これだけ多彩な精油は珍しいかもしれませんね。
最初はスパイシーなウッド系の香りですが、段々甘い香りに変わってきます。

少し官能的な気分にする効果も持っていますので、デートの時に付けたいという人もいますよ。

長時間強い香りで始めずに、少量から試すようにしてください。

~精油の知識~サンダルウッド

2014年4月2日 06:58 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

サンダルウッドは白檀という呼び方もありますね。
お香でも人気のある香りですので、馴染み深いのではないでしょうか?

リラックス効果が高くて、心を沈静化する時に役立ちます。
免疫力を高める作用もあるということで、古くから日本でも枕の下に白檀を敷く治療が行われてきました。

気管支炎や扁桃腺が延焼した時にも沈めてくれることが期待できます。
肌に塗っても炎症を抑えますので、肌荒れやシミが気になる人には使い勝手のいい精油です。

海外での研究結果では、α-サンタロールと言う成分に抗菌作用があり、ニキビのアクネ菌を殺菌したり、皮膚がん予防にも効き目があると考えられるようになりました。

インド周辺が原産地になっています。
これだけの効果は期待できますが、民間療法として行うものだと思っていたほうが良いですね。

特に使用してはいけないという制限は設けられていませんが、気分が悪くなれば使用を中止しましょう。

~精油の知識~イランイラン

2014年3月21日 09:15 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

精油のご紹介に戻ります。
今回はイランイランですが、女性らしさを引き出すには最適な精油となっています。

催淫効果があるということだけ有名になっているので、良い印象を持たない女性もいらっしゃるかとは思います。

女性ホルモンのバランスが整えやすくなりますので、不妊で悩んでいる方にも向いているようですよ。

美容としてしようするにもオールマイティに対応できますので、肌質にこだわりなく使用できるでしょう。

ヘアケアでも髪の毛に対して良い効果を発揮しますので、薄毛に悩んでいるカラがヘアオイルに使用するのも勧められています。

不快な気分を取り除いてくれますが、長時間使用することで吐き気を感じる方がいます。
眠るための精油としては使用しない方が良いでしょう。

テスターで香りの確認をしてから購入したほうが安心して使用できますよ。

花粉の時期にオススメのミスト

2014年3月4日 06:27 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

少し精油のご紹介から離れてみましょう。
これからのシーズンにスッキリ系のミストを持っていると便利なので材料と作り方のお話です。

必要なものは、アロマ精油のミントとフランキンセンスです。
それにグリセリン5mlとミネラルウォーター50mlです。

スプレーボトルは高いものを買わなくても100円ショップのもので充分ですよ。
先にスプレーボトルにグリセリンを入れましょう。

次にミントの精油を5滴とフランキンセンスを3滴入れます。
8滴以内でバランスの調整はしても構いません。

精油の量がオーバーするのは避けましょう。
最後にミネラルウォーターを注いでシェイクしたら完成です。

使うときには必ず良く振ってからにして、目など粘膜の周りには使用しないでください。
保存料の使用をしていないので、1か月程度で使い切りましょう。

花粉症のシーズンにもスッキリした香りでツライ症状を緩和したいですね。
ただし、女性は生理の時にミントの香りが強いのは苦手な方もいます。

次のページ »

最近のエントリー
~キャリアオイルの知識~マカデミアナッツオイル
~キャリアオイルの知識~アボカドオイル
~キャリアオイルの知識~エクストラバージンオイル
~精油の知識~ブラックペッパー
~精油の知識~ローズウッド
アロマオイルは簡単に使えます
~精油の知識~パチュリ
~精油の知識~サンダルウッド
~精油の知識~イランイラン
花粉の時期にオススメのミスト
カテゴリー
未分類 (33)
プロフィール
アロマ教室に通っています。香りだけで何の効果があるの?なんて思ってしまいますが、ヒーリングの効果だけではないんですよね。ダイエットや美容にも効果があって、気持ちが満たされる日々に満足出来ますよ。
ウェブページ
サイトマップ