アロマが香るダイアリー TOP

~精油の知識~クラリセージ

2014年11月21日 08:39 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

クラリセージはシソ科のもので、花や葉を水蒸気蒸留法でオイルの抽出をしています。
ミドルノートとして香りのバランスも取りやすいですね。

ハーブ系の爽やかな香りが特徴です。
精神的な効果が非常に高く、不安を感じていたり、精神的なバランスを整えたいときにも便利です。

リラックスしますので、車の運転のような集中力が必要な作業の前に使うのは禁止されています。
また、ホルモンへの影響がある事から、妊娠中の方や婦人科系のトラブルがある方には適していません。

月経不順や更年期のトラブルには効果があるのですが、ホルモン依存のガンや乳腺症などに歯合わないと言う難しさも持っています。

その他に飲酒の前後には使用しない方が良いでしょう。
クラリセージの効果で酔いが強くなると言われています。

普段、飲酒して何ともない方でも、クラリセージの影響で悪酔いする可能性がありますね。

~精油の知識~ベンゾイン

2014年11月6日 07:48 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

久しぶりにアロマ精油のご紹介をします。
ベンゾインは樹脂系のアロマ精油で、バニラの様な甘い香りが優しいですね。

これはベースノートとして使用します。
メーカーによっては、安息香という名前で販売していますので、セットで名前を覚えておきましょう。

オイルとしては粘度も高いので、場合によっては希釈して販売している事もあります。
パッケージに「ベンゾイン30%」などと書いてあれば、薄めているタイプですよ。

ストレスを感じたり、緊張しやすい人にもオススメです。
寒くて乾燥する時期にも、憂鬱な気分をスッキリさせてくれますね。

原産地がスマトラや、ジャワなのですが、現地では昔から化粧品に入れたり、悪魔払いにも使ったと言われています。

香りで気分が晴れるので、悪魔を払い落とした感じになったのかも知れませんね。
ブレンドしても使いやすいです。

オススメは、イランイランやスイートオレンジです。

簡単アロマの始め方

2014年10月23日 09:21 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

アロマには興味があるけど、色々揃えるのは・・・と悩む人もいるのではないでしょうか?
一度ご紹介したかと思いますが、簡単に始める方法があります。

アロマ精油だけ好きなものを1本用意して、まずは試してみましょう。
使わないマグカップにお湯を入れて、精油を2~3滴垂らしたら、周りに置いていると香りが漂ってきます。

会社では出来ませんが、お休みの日のリラックスタイムには良いですね。
香りが少なくなったら、アロマ精油ではなくお湯を足します。

また、眠るときにリラックス出来るアロマを楽しむことも出来ます。
アロマランプやデフューザーでは、根いている間に倒したりしないか発火しないか不安だという人がいます。

その場合は、アロマ精油をコットンに2~3滴染みこませて、枕元に置いているだけでも十分です。
慣れてきたらアロマスプレーを作った方が、より効果も高いですが、ちょっと試したいという人には簡単な方法がオススメです。

アロマソルトでリラックス・バス

2014年10月10日 08:34 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

リラックスするのにバスタイムがありますね。
このタイミングでアロマを使うのもオススメです。

バスソルトはわざわざ購入してくると高いですし長持ちしないと感じる人も多いでしょう。
そこでハンドメイドのアロマバスソルトで、夜のリラックスタイムを楽しんで下さい。

天然塩とアロマ精油があれば良いだけですね。
調理で使用するボウル以外のものを用意して、天然塩を30g入れて下さい。

そこにお好みのアロマ精油を3滴だけ入れます。
割り箸でも構いませんので、全体が混ざるようにして下さい。

後はお風呂に入るときに、このバスソルトを湯船に入れて、よく混ぜてから入れば良いです。
以前にアロマ精油の種類や効果をご紹介していますので、参考にしながらご自分のコンディションに合わせたセレクトをして下さい。

マッサージをすると血行も良くなり、もっとリラックス出来ますよ。

~キャリアオイルの知識~ローズヒップオイル

2014年9月20日 09:52 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

ローズヒップオイルは、ローズの種から抽出するオイルです。
ハーブティーでもおなじみですが、同じ効果が期待できますので、キャリアオイルとして使用する事があります。

抗酸化作用もtか愛ですし、必須脂肪酸も含まれているので肌にはとても良い効果があります。
オイルのphも肌に近いので安心ですが、酸化の恐れがあります。

長い間使用するのであれば、オリーブオイルなどとブレンドすると酸化しにくくなります。
オイル同士のブレンドでも寿命を延ばして使用できますね。

ストレス肌やたるみ肌に、弾力を与えたり健康的な状態に回復する事が出来るので、アンチエイジングとして便利なオイルです。

ターンオーバーも促進しますので、くすみ改善や、細胞の入れ替わりで肌のトーンアップも期待できますね。
有名モデルも愛用していて注目のキャリアオイルですよ。

~キャリアオイルの知識~シアバター

2014年9月6日 12:02 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

シアバターはオイルと言うよりはクリーム状のものと思った方が良いでしょう。
原産地はガーナ周辺で、アフリカにはシアベルトと言われるシアの木が分布する地域があります。

20年間の樹齢でやっとシアの実から油脂がとれて、これがシアバターになります。
ガーナの女性にとっては保湿クリームでもあり、日焼け止めの意味合いも持っています。

バター状のクリームは、保湿力が高く乾燥した肌に悩む方には最適です。
アロマでは、製油と混ぜてリップクリームやハンドクリームなどに使用する事が多いですね。

固形に近いアロマグッズを作る時にはオススメです。
抗炎症効果や抗酸化作用の高さも特徴的です。

原産国では食用としても使用されるほど、安全性が高いので、安心して使えるのが嬉しいですね。
肌につけると溶ける感じがあるのでオイルとして扱われます。

~キャリアオイルの知識~アプリコットカーネルオイル

2014年8月23日 07:58 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

アプリコットカーネルオイルも、アロマのキャリアオイルとして使用されます。
アロマとの関わりはないでしょうが、老人性のいぼが取れることで注目されていますね。

杏の種に仁がありますので、これを低温圧搾して抽出します。
オレイン酸の含有量が高く、65%程度になる様ですね。

肌への浸透率が高いですし、伸びの良いオイルです。
また刺激の少なさから肌タイプにこだわりなく使えるメリットがあります。

肌を柔らかくして、若々しいしなやかさも取り戻せますし、ハリを感じるのが嬉しいですよ。
対応範囲の広いオイルですが、中には肌に合わない方もいます。

出来れば使用前には二の腕の内側でパッチテストをしてからデイリーに使って下さい。
酸化しにくいですが保管の際には、直射日光を避けていた方が良いでしょう。

精製度が低めのオイルだと、杏の甘い香りが漂います。

~キャリアオイルの知識~ホホバオイル

2014年8月7日 11:23 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

精油を希釈するキャリアオイルで、人気があるのはホホバオイルですね。
臭いがほとんどありませんし、保湿効果が高いので、アロマスキンケアをしたい方には最適です。

原産地はアメリカのアリゾナ砂漠のものが上質だと言われています。
栄養分も豊富で、お肌を整えてくれますよ。

オイルにしては参加しにくいですし、肌質に関わらず使えるところがメリットです。
ただ、デメリットとして液体ワックスに該当するため、温度が低いと固まる傾向があります。

冬に保管する時は室温にも注意して管理しましょう。
温度が上がれば液体に戻りますし、変質する可能性は少ないですね。

手作り化粧品でも良く使用されますし、市販品のコスメやスキンケアでも、ホホバオイルを含有しているものが多いです。

皮脂の調整をしたり、炎症を抑える効果もあるので、アンチエイジングにも使えるオイルです。

~キャリアオイルの知識~マカデミアナッツオイル

2014年7月17日 09:20 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

キャリアオイルのご紹介をしていますが、ナッツ類が原材料のオイルは多いですね。
マカデミアナッツオイルも、その1つです。

肌の老化の原因にパルトミン酸の減少があります。
私たちの皮脂に含まれているものですが、年齢とともに少なくなってしまいます。

そこで、パルトミン酸を20%程度含んでいるマカデミアナッツオイルをキャリアオイルに使用するのはアンチエイジングにもオススメなのです。

肌に出るエイジングサインを解消していけますので、このマカデミアナッツオイルに精油を入れて、お肌のトリートメントが出来るのです。

特に乾燥が気になる時期に使うのがベストですね。
オイル系は酸化するのが気になりますが、リノール酸が多くても4%程度しか入っていないマカデミアナッツオイルは安心して使えるのも特徴です。

ナッツの香ばしい香りが多少しますが、ベタつかずに使用出来る便利なオイルですね。

~キャリアオイルの知識~アボカドオイル

2014年7月3日 05:47 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

キャリアオイルのご紹介をしていますが、今回はアボカドオイルです。
アボカドと言うと、食べる美容液として女性には人気が高いですね。

乾燥肌の方にも向いていますので、精油と合わせて美容効果が期待出来ます。
オイル自体にオレイン酸が70%入っていますし、レシチンやビタミンA、ビタミンE、ビタミンBが入っています。

ただし、テクスチャーにとろみが強いので、夏に使うとベタつきがあるかも知れません。
冬の乾燥する時期には最適なキャリアオイルとして使用出来ます。

使いやすくするなら、他のキャリアオイルとブレンドして、10%程度の割合でアボカドオイルが入っていると使いやすいですよ。
浸透力は高いですが、あまり伸びの良さを感じる事はないでしょう。

特徴を把握していると、キャリアオイルをシーズンによって使い分けられますので快適ですよ。

次のページ »

最近のエントリー
~精油の知識~クラリセージ
~精油の知識~ベンゾイン
簡単アロマの始め方
アロマソルトでリラックス・バス
~キャリアオイルの知識~ローズヒップオイル
~キャリアオイルの知識~シアバター
~キャリアオイルの知識~アプリコットカーネルオイル
~キャリアオイルの知識~ホホバオイル
~キャリアオイルの知識~マカデミアナッツオイル
~キャリアオイルの知識~アボカドオイル
カテゴリー
未分類 (41)
プロフィール
アロマ教室に通っています。香りだけで何の効果があるの?なんて思ってしまいますが、ヒーリングの効果だけではないんですよね。ダイエットや美容にも効果があって、気持ちが満たされる日々に満足出来ますよ。
ウェブページ
サイトマップ