アロマが香るダイアリー TOP

アロマソルトでリラックス・バス

2014年10月10日 08:34 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

リラックスするのにバスタイムがありますね。
このタイミングでアロマを使うのもオススメです。

バスソルトはわざわざ購入してくると高いですし長持ちしないと感じる人も多いでしょう。
そこでハンドメイドのアロマバスソルトで、夜のリラックスタイムを楽しんで下さい。

天然塩とアロマ精油があれば良いだけですね。
調理で使用するボウル以外のものを用意して、天然塩を30g入れて下さい。

そこにお好みのアロマ精油を3滴だけ入れます。
割り箸でも構いませんので、全体が混ざるようにして下さい。

後はお風呂に入るときに、このバスソルトを湯船に入れて、よく混ぜてから入れば良いです。
以前にアロマ精油の種類や効果をご紹介していますので、参考にしながらご自分のコンディションに合わせたセレクトをして下さい。

マッサージをすると血行も良くなり、もっとリラックス出来ますよ。

~キャリアオイルの知識~ローズヒップオイル

2014年9月20日 09:52 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

ローズヒップオイルは、ローズの種から抽出するオイルです。
ハーブティーでもおなじみですが、同じ効果が期待できますので、キャリアオイルとして使用する事があります。

抗酸化作用もtか愛ですし、必須脂肪酸も含まれているので肌にはとても良い効果があります。
オイルのphも肌に近いので安心ですが、酸化の恐れがあります。

長い間使用するのであれば、オリーブオイルなどとブレンドすると酸化しにくくなります。
オイル同士のブレンドでも寿命を延ばして使用できますね。

ストレス肌やたるみ肌に、弾力を与えたり健康的な状態に回復する事が出来るので、アンチエイジングとして便利なオイルです。

ターンオーバーも促進しますので、くすみ改善や、細胞の入れ替わりで肌のトーンアップも期待できますね。
有名モデルも愛用していて注目のキャリアオイルですよ。

~キャリアオイルの知識~シアバター

2014年9月6日 12:02 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

シアバターはオイルと言うよりはクリーム状のものと思った方が良いでしょう。
原産地はガーナ周辺で、アフリカにはシアベルトと言われるシアの木が分布する地域があります。

20年間の樹齢でやっとシアの実から油脂がとれて、これがシアバターになります。
ガーナの女性にとっては保湿クリームでもあり、日焼け止めの意味合いも持っています。

バター状のクリームは、保湿力が高く乾燥した肌に悩む方には最適です。
アロマでは、製油と混ぜてリップクリームやハンドクリームなどに使用する事が多いですね。

固形に近いアロマグッズを作る時にはオススメです。
抗炎症効果や抗酸化作用の高さも特徴的です。

原産国では食用としても使用されるほど、安全性が高いので、安心して使えるのが嬉しいですね。
肌につけると溶ける感じがあるのでオイルとして扱われます。

~キャリアオイルの知識~アプリコットカーネルオイル

2014年8月23日 07:58 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

アプリコットカーネルオイルも、アロマのキャリアオイルとして使用されます。
アロマとの関わりはないでしょうが、老人性のいぼが取れることで注目されていますね。

杏の種に仁がありますので、これを低温圧搾して抽出します。
オレイン酸の含有量が高く、65%程度になる様ですね。

肌への浸透率が高いですし、伸びの良いオイルです。
また刺激の少なさから肌タイプにこだわりなく使えるメリットがあります。

肌を柔らかくして、若々しいしなやかさも取り戻せますし、ハリを感じるのが嬉しいですよ。
対応範囲の広いオイルですが、中には肌に合わない方もいます。

出来れば使用前には二の腕の内側でパッチテストをしてからデイリーに使って下さい。
酸化しにくいですが保管の際には、直射日光を避けていた方が良いでしょう。

精製度が低めのオイルだと、杏の甘い香りが漂います。

~キャリアオイルの知識~ホホバオイル

2014年8月7日 11:23 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

精油を希釈するキャリアオイルで、人気があるのはホホバオイルですね。
臭いがほとんどありませんし、保湿効果が高いので、アロマスキンケアをしたい方には最適です。

原産地はアメリカのアリゾナ砂漠のものが上質だと言われています。
栄養分も豊富で、お肌を整えてくれますよ。

オイルにしては参加しにくいですし、肌質に関わらず使えるところがメリットです。
ただ、デメリットとして液体ワックスに該当するため、温度が低いと固まる傾向があります。

冬に保管する時は室温にも注意して管理しましょう。
温度が上がれば液体に戻りますし、変質する可能性は少ないですね。

手作り化粧品でも良く使用されますし、市販品のコスメやスキンケアでも、ホホバオイルを含有しているものが多いです。

皮脂の調整をしたり、炎症を抑える効果もあるので、アンチエイジングにも使えるオイルです。

~キャリアオイルの知識~マカデミアナッツオイル

2014年7月17日 09:20 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

キャリアオイルのご紹介をしていますが、ナッツ類が原材料のオイルは多いですね。
マカデミアナッツオイルも、その1つです。

肌の老化の原因にパルトミン酸の減少があります。
私たちの皮脂に含まれているものですが、年齢とともに少なくなってしまいます。

そこで、パルトミン酸を20%程度含んでいるマカデミアナッツオイルをキャリアオイルに使用するのはアンチエイジングにもオススメなのです。

肌に出るエイジングサインを解消していけますので、このマカデミアナッツオイルに精油を入れて、お肌のトリートメントが出来るのです。

特に乾燥が気になる時期に使うのがベストですね。
オイル系は酸化するのが気になりますが、リノール酸が多くても4%程度しか入っていないマカデミアナッツオイルは安心して使えるのも特徴です。

ナッツの香ばしい香りが多少しますが、ベタつかずに使用出来る便利なオイルですね。

~キャリアオイルの知識~アボカドオイル

2014年7月3日 05:47 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

キャリアオイルのご紹介をしていますが、今回はアボカドオイルです。
アボカドと言うと、食べる美容液として女性には人気が高いですね。

乾燥肌の方にも向いていますので、精油と合わせて美容効果が期待出来ます。
オイル自体にオレイン酸が70%入っていますし、レシチンやビタミンA、ビタミンE、ビタミンBが入っています。

ただし、テクスチャーにとろみが強いので、夏に使うとベタつきがあるかも知れません。
冬の乾燥する時期には最適なキャリアオイルとして使用出来ます。

使いやすくするなら、他のキャリアオイルとブレンドして、10%程度の割合でアボカドオイルが入っていると使いやすいですよ。
浸透力は高いですが、あまり伸びの良さを感じる事はないでしょう。

特徴を把握していると、キャリアオイルをシーズンによって使い分けられますので快適ですよ。

~キャリアオイルの知識~エクストラバージンオイル

2014年6月25日 11:07 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

アロマセラピーでは精油を希釈して肌につけるにはキャリアオイルが必要です。
ここからは、そのキャリアオイルをいくつかご紹介していきましょう。

最も購入しやすいものとしてオリーブオイルがあります。
調理用としても販売されていて、どこでも購入出来るのがメリットです。

オリーブオイルにも種類があり、アロマオイルとして適しているのがエクストラバージンオイルです。
エクストラバージンオイルは酸度8以下と決まっているので品質に安心出来ます。

加熱した工程を経ているものは変質している可能性があるので、コールドプレスしたものにしましょう。
コールドプレスは低温圧搾法で熱変質を起こしていないオイルです。

精製したオイルは参加しにくく刺激が少ないですが、それぞれのオイルにある栄養分は少なめです。
未精製のオイルは十分な栄養がありますが、肌に刺激を感じる可能性がありますよ。

こういった基準で選んでみましょう。

~精油の知識~ブラックペッパー

2014年6月4日 09:05 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

さて、そろそろ精油の知識も一段落しようかというところで、最後にご紹介するのがブラックペッパーです。
これはスパイス系の精油ですよ。

名前の通り料理にも使うブラックペッパーなので、胡椒の刺激を感じる香りです。
昔から医療用途で使用されてきた歴史があり泌尿器系疾患や諸独効果が期待できます。

刺激的な香りではありますが、心を穏やかにする作用を持っています。
ストレスを発散するのにも向いていますので、使いやすいですね。

体に塗ると血管拡張効果が期待できますが、刺激が強すぎる場合があるのでキャリアオイルで薄めにしましょう。
筋肉痛や冷え性改善にも役立ちますよ。

主な産地はインドやシンガポール周辺です。
使用してはいけないコンディションがあって、妊娠している時には使わないで下さい。

どの精油も同じですが、濃度や量は少ないところから始めましょう。

~精油の知識~ローズウッド

2014年5月16日 02:07 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

以前、樹木系のご紹介をしていませんでしたが、このローズウッドは樹木系精油です。
バラが原材料だと思っている方が多いですが全く違うものですね。

甘すぎない香りが落ち着くとして好む方も多いでしょう。
比較的年代の上がる女性には、心地よい香りとオススメの効果があります。

気持ちが不安定なときや、女性特有の症状を緩和してくれますので、便利に使えます。
頭痛のある方で、ストレスが原因だとわかっているのならローズウッドで楽になるでしょう。

実は便秘解消効果もあって、便秘が原因になっているニキビも予防しやすいですね。
催淫効果があるので女性を魅力的な印象にしてくれますよ。

ローズウッドは、あまり注意点がないので使用しやすくなっています。
トップノートでもあり、ミドルノートでもある面白い精油なので香りの持続力はあると思って構いません。

次のページ »